学生ローン

学生ローンに感謝TOPへ


初めてキャッシングするにはいくら利息がかかるのかが一番の不安ではないだろうか。
すぐにお金を借りられたとしても、バカ高い利息をとられ、その利息を返すためにまた借金をする・・・
結局は莫大な借金だけが残ってしまう。なんてことになってからでは遅いのだ。
そこでまずは、学生ローンの金利について見てみよう。
私たちが学生の頃に比べれば、今はぐんと利率が下がっている。
しかも現在は法改正に先だって一斉に金利をおおはばに下げてきているという。
一社が金利を引き下げたら、他社も金のを引き下げを行うことは自然の流れといえよう。

大半の学生ローンの年利は18.00%のようだ。
年利18.00%と言われても、いったいいくらの利息がかかるのだろうか。
分かりやすく見てみよう。
1万円30日間利用した場合で利息が約150円かかる。
10万円だと単純計算で10倍だから、1500円になる。
20万円→3000円
30万円→4500円

学生ローンの金利というホームページもご参照ください。

そして、利用年数が長くなればなるほど、利率の引き下げを実施している店もある。
これは自動的に安くなるというわけではなく、自分はもう一年くらいはきちんと取引しているなぁと思った時に
直接店頭に行き申し出るか、電話して相談してみる必要があるようだ。
手続きをとれば、
年率17.50%、17.00%、16.80%・・・・とかなり下がるみたいだ。
店にも異なるようだが、一番安い年利の店だと15.00%という店もあるという。
私が学生のころなんて年利32.4%だった。
その頃に比べたら、今の年利は破格すぎる。
利用年数のほかにも、年利の下げ方があるので、利用する店舗に直接問い合わせてみるのが賢明だろう。
目先のお金にとらわれないできちんと利率や規約を確かめて賢く学生ローンを利用しよう。